生産速度を改善する知恵が必要!

みんなで生産性の向上を目指しましょう。

現代の工場は人手不足で悩んでいます。車の電子化や環境対応、スマホの発展などで多くの新しい仕事がありますし、少子高齢化による人員不足も続いています。働き方改革も叫ばれているなかで、工場の生産性を上げることは重要な経営課題となっています。そのため、工場で必要としている人材は、単に設備のオペレーターだけでなく、生産性を向上させる知恵を発揮できる人なのです。もちろん、改善は一人で出来るものではありません。チームとして改善を進めなければ、十分な成果は得られません。企業はチームが十分に能力を発揮するために、リーダーシップを発揮できる人、リーダーを支える実務のできる人、そして何よりもコミュニケーション能力の高い人を求めています。皆で知恵を出し合い、生産速度を改善して生産性を向上させましょう。

生産性を向上の知恵を出す。

長年、同じ仕事に携わっていると狭い分野でしか物事を見られない事があります。同じ人が同じ職場で働いていると生産性が停滞してしまうのは、それが原因です。もちろん、長年の経験で深い知識は身に付くので、斬新的な新しい考えを持った人や、違った目で物事を観察できる人とチームを作れば大きな実績を上げることができるでしょう。このために、企業では新しい人材を求めています。
自分の経験が活かせる職場を念頭に就職活動をする人も多いく、それも大切なことですが、今までの経験に頼るのでなく、新しい目で見ることによって自分を活かせることを念頭に就活を進めるのも必要でしょう。
自分の能力はどこに潜んでいるかわかりません。工場で新しい自分の能力を発揮できるかもしれませんよ。

© Copyright Preferential Of Workers. All Rights Reserved.